忍者ブログ
Collection Connection店主による、お店の情報とカナダのアンティーク事情など・・
ここでも書いているのでご存じの方もいると思いますが、Collection Connectionはアンティークモールのブースで販売、それから春・秋に行われる近場のアンティークショウにも出店しています。
販売しているのはネットショップと同様のヴィンテージ・コレクティブルズが中心ですが、日本には発送できない家具などはブースかショウで販売することとなります。

仕入れに行くと目を引く、小さめのヴィンテージ家具。
車で運べる椅子やテーブル、チェストなどが主ですが、時には
「売るのはもったいない」
と思う程素敵なものもあったりします。

そんなものが家にごろごろしてたりするので、落ち着かなかったりもするのですが。

そんな「家にごろごろ家具」の一つ、昨年見つけた、ソーイングボックスベンチ。
シートの部分を持ちあげると中にいろいろ入れられるようになっている、小さなベンチです。(Sewing box benchで検索すると写真がいろいろ出てきますよ)
シートの部分には懐かしいプリント柄のビニール素材が貼ってあり、よく言えばレトロ、悪く言えばただ古臭いだけの代物でした。

アンティークモールで販売しようと入手したのですが、そのまま売るよりは手直しした方がいいよなぁ・・・と思いながら放置すること約半年。
やっと重い腰をあげ、シートの部分を張り替えることにしました。

これがその、ソーイングボックスベンチです。

 

買った時の状態の写真を撮っておけばよかったのですが、撮り忘れてしまったので、シートのビニール素材を取り除いた状態。
ただの板に、薄めのスポンジが貼ってあるだけです。
板の内側には最初から何も張ってなくてむき出しの状態だったので、内側もきれいにしようということに。

まず、シート板の内側に薄い綿を貼り、その上からレトロな柄の生地を乗せました。

その生地をしっかりと、皺のないように板の縁にステープラー(家具張り替え用の大きなホチキス)でばしばしと止めて張りました。

今度は表側。
表側にはさらに2枚厚めの綿を乗せ、その上から生地を被せ、これもステープラーでつれや皺がない様きれいに側面に留めつけます。
その上に、ぐるりと1周リボンを縫い付けます。
本当はグルー(糊)でよかったのですが、グルーガンを買うのをケチって(笑)、縫い付けました。

そして取った金具を元通りにつけ直し、完成したのがこちら。


ピンクの水玉~♪

中はこんな風。

 




実はこの内側の布は、元ピローケース。
こそこそと集めているビンテージシーツやピローケースを、やっと活かせることができました。

完成した後で、内側にはポケットとかつければよかったなぁと・・・。
ほんと、無計画になんでも始めてしまうので、こんな風にあとで後悔することが多いんですよね(^^ゞ。

ちなみに、蓋を開けた内側の一番上の縦にはまっている箱は、取り外したり、横にスライドできるようになっています。
ソーイング用品だけじゃなくて、ステーショナリーやお宝もしまっておけます。
私的には満足♪

実は、まだいくつかあるんですよね、直したい家具が。
いつになったら手が付けられるか・・・。


PR
現在北米で公開中の「Hidden Figures」。
本日火曜日、安い日♪(こちらでもサービスデイがあるんです)、観てきました。
オスカー候補であり、既にゴールデングローブでもいくつも賞を取っている話題作とあって観たかったのですが、他にも大いなる理由がありまして。

舞台は1960年台始め。
ズバリ、ミッドセンチュリー!
冒頭に出て来る車や、家の中のシーンで見られる家具、そしてパイレックスやコーニングウェアと、私の好きなもの満載♡
特にパイレックスはたくさん出てたなぁ。
あんな風に日常で使われていたんだな。
今私の家にもあるこれらがこの時代に・・と思うとなんだかとてもうれしくて。

そんなちょっぴり下心ありな観方をしていたのですが、ストーリーも演技も感動ものでした。
白人の黒人に対する差別って相当酷いものだったのだなと、改めて心が痛みました。
それでも少数派ではあるけれど、彼ら(この映画では彼女らですが)を理解してくれる人達がいて、大きな功績を残せたんですね。
ネタばれになるので、ストーリーの内容はさておき。

日本での公開はいつになるのでしょう?
公開になったら、興味のある方はぜひ♪

下のトレイラー。
1:12のところから始まる、ピクニックのシーンでもパイレックスやコーニングウェアが見られます。

昨年の暮れ、12月12日にご注文いただき即日発送した商品が到着したと、お客さまから連絡をいただきました。

・・・こんにちは いつも楽しくフェイスブック、ホームページ 観させていただいております!
12月にお願いしていたファイヤーキング、先ほど届きましたー‼️
思っていたよりとってもキレイで(状態がベリーベリーグッドでエクセレントではなかったので 少し心配していたのでした…(^^;))驚きました!
また、とっても満足しています^ ^ ありがとうございました・・・

と、東京都のSさま。
写真を添えてメッセージをくださいました。


1955年のスカウトジャンボリーマグ(手前が今回お買い上げくださったものだそうです)
※写真は許可をいただき、お借りしました

アイボリーのプリントマグは珍しく、なかなか見かけません。
ボトムに劣化線があった為にコンディションをExcellentにできませんでしたが、それ以外は言うことなしのコンディションでした。
満足していただけて、私も大変うれしく思っております。
このマグ、たくさん揃ったらかわいい~♪

Sさま、どうもありがとうございました。
大事になさってくださいね!
これからもどうぞよろしくお願いします。

12月中にご注文いただいたお客さま、まだの方はもうすぐだと思いますので、到着までしばらくお待ちくださいね。
昨年末12月4日にご注文いただき、即日発送した商品が到着したと、お客様からご連絡をいただきました。

・・・丁寧に梱包してくださり、ありがとうございました。
商品を大切に思われてる気持ちが伝わってきます。・・・

と嬉しいお言葉を頂戴いたしました。
Hさま、お買い上げ並びにご連絡をありがとうございました。

12月初旬にご注文くださったお客様、そろそろ到着する頃だと思います。
もうしばらくお待ちください。

※到着日数はあくまでも目安です。
前後する場合もございます。


2017年初めての投稿となります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今回は私物として手に入れたファイヤーキング2000のベイキングディッシュをご紹介。


Fire King 2000 9 x13in.Baking Dish Jade-ite

ファイヤーキング2000とは、2000年に製造販売されたファイヤーキングの復刻版。
この年は、ファイヤーキングが誕生して60年、それを記念して作られたシリーズです。
定番のDハンドルマグやプレート、ミキシングボウルなどに加え、写真のようなベーキングディッシュ(正方形のものもあります)、パイディッシュ(我が家でも活躍中!)、蓋つきのキャセロールなど新しいアイテムもありました。

正真正銘、製造はアンカーホッキング社ですが、製造国はブラジルになります。
ジェダイトカラーはほぼ同じですが、昔のものよりも濃厚な感じがします。

で、このベイキングディッシュ。
クリスマスの2週間ほど前に、私がブースを借りているアンティークモールで見つけました。
普段ファイヤーキングなどあまり置いていないブースの端っこにある、額縁などが入れてある木箱に入っていたところを救出。
ちらっとしか見えなかったのですが、私のアンテナに反応がありまして(ジェダイト波はもれなくキャッチする・笑)、一緒にいた夫に
「これを私へのクリスマスプレゼントにして!」
とねだり、買ってもらったのでした。

クリスマスの朝、プレゼントを開ける時。
そりゃあ、大げさに演技しましたよ♪まるで初めて見たかのように。
でもね、ほかにこれと言って欲しいものがなくて、思い切ってリクエストして良かったです。

さて、これで何作ろうかな?


calender
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 4
5 7 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
Shop Info

Collection Connection
カナダのオンタリオ州ハミルトンより、Fire-KingやPyrex、Susie Cooperなどのビンテージ食器、雑貨を日本にお届けしています。
船便送料無料!
ぜひご利用ください。
Follow YoshieC on Twitter
comment
[02/13 Miyuki]
[05/02 555]
[04/26 555]
[05/16 Miyuki]
[05/11 Miyuki]
Twitter
Facebook
Counter
カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
管理用
| Admin | Write | Res |

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]