忍者ブログ
Collection Connection店主による、お店の情報とカナダのアンティーク事情など・・
やっとこちらも春らしくなってきましたよ♪
というか、通り越して半袖でもよいくらいの、気持ちのいい数日でした。
今日はまたちょっと気温が下がって、ヒーター使ってますが。

暖かくなると、何か始めたい。何かしたくなる・・。
以前からどうにかしようと思っていた、バスルームのバニティ(シンク)。
すでに何度もペイントされ、家を買った時には壁と同じ色に塗られていたかわいそうなバニティを、自分でシャビーに仕上げようとペンキを買ってきて、やり始めてみました。
詳細は、完成してからと言うことで。

で、これまた、ペンキを買ったらついでにこれも・・と思っていた小さなディスプレイケースも、やってみました。
やり方はとっても簡単なんです。
チョークペイントを塗り(しかも、雑でよい)、乾いたらサンドペーパーであちこち適当に擦り、仕上げにワックスを塗る。
それだけ。
チョークペイントはちょっと高いんですが、家にある普通のペイント(ペンキ)にあるものを混ぜて、ホームメイドもできるようです。
(YouTubeなどで検索すると、動画で丁寧に教えてくれます♫)

で、そのディスプレイケース。 
こんな感じになりました。



普段はデスク上に置いて、こまごまとしたものの整理棚に使っていますが、マグにぴったりのサイズ♫
しばらくこのままにしておこうかな~。

ちなみに、右下のボスコマグ。
最近入手したのですが、近々販売予定です。
予約も可能です。
気になる方がいらっしゃいましたら、声をかけてくださいね!



PR
1月中旬以降発送の商品到着の連絡が、入るようになりました。
今回はだいぶ遅れてしまったようです。
(カナダポストによるとこれも普通なのですが、先月は早かったので)
ご心配をおかけしました。
徐々に届くと思いますので、まだのお客様はもうしばらくお待ちください。



ヴィンテージのピクニックバスケット。
深さも割とあるので、たっぷり入ります。
蓋がないこの編み方のバスケットはは結構よく見かけるのですけど、蓋があって、しかも良い状態のものってなかなかないんです。
暖かくなったら、いろいろ詰めてピクニックに行きたいなぁ♪
お花見、今年はいつごろできるだろう?
日本では、徐々に桜の便りが届いているようですね。
まだまだ寒い日もあるようですが、それでもお花見が楽しめるってうらやましい♪
我が家にも桜の木があるのですが、植えてまだ7年。
まだまだ未熟者で、こんもりと花がつくにはだいぶかかりそうです。

さて、
1月中旬以降発送の商品の到着がだいぶ遅れているようです。
荷物の追跡ができない為、お客様には不安な思いをさせてしまい大変申し訳ありませんが
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

新しく到着連絡などが入りましたら、その都度お知らせいたします。
今しばらく、お待ちください。


ビンテージシーツの販売を始めてから、気になり、私自身も少しずつシーツを集めています。
もともと、生地もそうなんですが、ラッピングペーパーとかティシュー(ラッピングに使う薄紙)とかの柄ものに異様に魅かれるものがあって(笑)、シーツにしても、この私が集めたくなるのは無理はないなと思うのです。

まだ小さかった頃。
幼稚園でお友達と、花とかお人形さんがプリントされたティシュー(こちらはお鼻紙)を交換したりしてたのを思い出しました。
「これとこれ、交換しない?」
「いいよ~」
なんて交換し合い、小さく折りたたんだいろんな柄のティシューを、ポケットに入れて持ち歩いていたものでした。
そういえば、今もあるのかな?柄がプリントされたティシュー。
「香りつき」なんて言うのもあったっけ。

それで、私が集めているシーツは、花柄。
顔に似合わず(笑)、ロマンティック&乙女チックな柄が好きなんです。
中でも好きなのはラルフローレン。
ラルフローレンのシーツはしっかりしていて品質もとてもいいので、あれ作ったらどうかな?こんなのもいいかな?とクラフトの夢も膨らむのですが・・・・
実際にはもったいなくてハサミが入れられず、そのまま。


右から2番目の小柄はローラ・アシュレイ、それ以外は全てラルフ・ローレンです





ヴィンテージのグラスジャーと言えば、Ballのメイソンジャー。
1858年設立と、長い歴史があります。
今のように冷蔵庫がなかった時代、食品を保存する一つの方法としてキャンニング(瓶詰め)がありました。
ジャムやピクルスなどをこのようなガラスのジャーに入れて、熱湯を利用して中の空気を抜き、密閉する。
そうやって作り置きをし、冷暗所に貯蔵していたのですね。

近年ではグリーンやパープルの色つき復刻版も発売され、現行品もバラエティに富んでいるようです。

カナダではヴィンテージのBallジャーは比較的高め。
カナダにはカナダ製の同様のグラスジャー「CROWNジャー」があるので、Ballの方が出回っていた数が少なかったからかもしれません。

先日、アンティークモールでお手頃なBallジャーを見つけ、私もやっと手に入れました♪



こちらは、1923~1933年に作られたもの。
(ロゴの字体で年代がわかります)
透き通る、けれども奥深いブルーにうっとりしてしまう♪

残念ながら、キャップにはBallの刻印ではなく、ヘーゼルアトラスの刻印がありました。
傷もなく、チップもなく、なぜ安かったのだろうと疑問に思っていましたが、もしかしたらそれが理由だったのかもしれません。
本来ならば、BallのジャーならばBall刻印のあるキャップがつくはず。

けれどもキャップもぴったり合うし、ヘーゼルアトラスならそれもよし♪
と言うことで、大切にしたいと思います。

メイソンジャーについての記事とロゴによる年代判別は、ウェブサイトを探せばいろいろと出てきますが、こちら↓が比較的わかりやすいかと思います。
興味のある方は、覗いてみてください。

Country Living
calender
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Shop Info

Collection Connection
カナダのオンタリオ州ハミルトンより、Fire-KingやPyrex、Susie Cooperなどのビンテージ食器、雑貨を日本にお届けしています。
船便送料無料!
ぜひご利用ください。
Follow YoshieC on Twitter
comment
[04/28 how to kiss a man and make him fall in love discount]
[04/28 essayreview-online.com]
[04/28 Psychics Online]
[02/13 Miyuki]
[05/02 555]
Twitter
Facebook
Counter
カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
管理用
| Admin | Write | Res |

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]