忍者ブログ
Collection Connection店主による、お店の情報とカナダのアンティーク事情など・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スージー・クーパーと出会ったのは、私が22~24歳の頃。
当時、青山にある、とあるアパレル会社に勤めていた私は、お昼休みに周辺のお店をぶらぶらと見て回るのが好きでした。
その中の一つの、パリス・スキャンダルというお店。
今ではもうなくなってしまったようだし、当時その店がどこにあったのも覚えていないのですが、ヨーロッパの現行品の服や雑貨に混ざって、古着やアンティークが置いてありました。

その店のガラスケースの中に飾ってあった、スージーのティーポットとカップ&ソーサーに一目惚れしたのが始まり。
もう20+○年も前になりますが、当時でも結構なお値段で、安月給の一人暮らしにはもちろん買えず。
素敵だなぁと眺めるばかり。

何に惹きつけられたのかな。
柄、色、形。
どのシリーズだったか覚えていないのですが、ピンクはピンクでもスモーキーなピンク、口の広いカップ、変わった形のポットのハンドル・・・。
どれをとってもきっと、私のアンテナに引っかかったのだと思います。

それから何年も経て、カナダに移住してすぐ、今は無きトロントのアンティークモールでスージーの作品と再会しました。

やっぱりどうしても惹かれるものがあるようです。
たくさんの食器に埋もれていたのに、すぐに
「スージー・クーパーだ」
ってわかってしまうんですよね。
わかりやすいと言えばわかりやすいのですが、ほかに間違えるものがないんです。
デザインも柄も手法も独特であり、真似して作られたものもほとんどない。
真似が出来なかったのかもしれませんね。

それからというもの、資料を集めて形や柄のシリーズ、価値などいろいろと勉強し、販売するに至りました。
それでも最初のうちは販売優先で、自分のものとして取り置いたものはなかったのですが、昨年ごろから徐々に自分でも集めるようになりました。

私の場合、もったいなくて飾ってあるだけなのですが、お客様の中には
「毎日使っています」
という方も多いのです。
それでこそ、アンティークのファン。
それでこそ、スージーのファン!
24時間の中のほんの一瞬でも、好きな食器でくつろげる時間があるっていいですよね。

これからも、たくさんスージーの食器を紹介していきます。
当店のスージー・クーパーの食器たちをよろしくお願いします。



Susie Cooper Teapot - Dresden Spray -

PR
HOME |
calender
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Shop Info

Collection Connection
カナダのオンタリオ州ハミルトンより、Fire-KingやPyrex、Susie Cooperなどのビンテージ食器、雑貨を日本にお届けしています。
船便送料無料!
ぜひご利用ください。
Follow YoshieC on Twitter
Twitter
Facebook
Counter
カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
管理用
| Admin | Write | Res |

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]