忍者ブログ
Collection Connection店主による、お店の情報とカナダのアンティーク事情など・・
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日もいつものように、仕入れであちこち廻っておりました。
ちょっと足をのばし、普段はあまり行かない店へ。
ここはいつも何かしら見つかるところなのですが、パイレックスもファイヤーキングもなし。

諦めかけて、キャッシャーの横にある、お人形が入ったバスケットを物色していたら、見覚えのある顔を発見。
「えっ!?これはもしや・・・」
着ているドレスは新しそうなものの、顔は何度もコレクターズブックで見た、60年代後半のバービーが!
 袋に入っているので刻印などが確認できず、本物なのかはわからなかったのですが、買いました。

ウキウキと車に戻り、その場で袋を開けてみました。
そしておもむろにドレスを剥ぐ!
(駐車中の車の中でバービーのドレスを脱がすって、やっぱり変ですよねぇ。一応、周りを見回して誰も見ていないことを確認してから脱がしました・笑)

この時代のバービーは、確かお尻に年代と製造場所が書かれているはず。
そう思って探したけれど、何も書いていない。
よく見ると、背中に
(C) 1968 Princess Grace Doll INC. Hong Kong
と書いてある。
バービーの製造元であるMattelの名前はどこにもありませんでした。

やっぱり違ったのか・・と思ってがっかりしたものの、まだ残っているまつ毛や顔の形、表情はどう見たって本で見たバービーと一緒。

家に戻ってから、インターネットでいろいろと調べてみました。

まず、ボディに書かれていたPrincess Grace Doll。
これはこれで実際に売られていた、バービータイプのお人形でした。
けれども、顔は全く違うものでした。
ということは、顔とボディは別物ということになります。
つまり、やっぱりこの顔はバービーなのかしら・・・。


うっすらと開いた唇がかわいい♪

どうにか手がかりになるものはないかしら?とうなじのあたりを見てみたり。
ぐしゃぐしゃになっている髪の毛をひっかきまわしていたら、頭のてっぺんに穴が開いているのを発見。
 頭に穴なんて、ダメージもひどすぎ。
またもやがっかり。
 
捨ててしまおうかな、
と一度は思ったものの、やっぱりどう見たって顔はバービー(笑)。
この顔のバービーについて、調べ続けました。
私が知る限りでは、Twist n Turnというシリーズのバービー。
それまでTwist、つまりウエストからねじるように横には動かせなかったボディが、動かせるようになったもの。
1960年代後期に作られたものです。

そして、画像検索で同じ顔を見つけ、髪の色やヘアスタイルを頼りに同じものを見つけ・・と、それからは転がるように謎が解けていきました。

どうやら、1970年代初期に作られたGrowin Pretty Hairというシリーズらしいです。
Made in Japanで、当時はピンクのドレスを着ておりました。
わずか2年しか製造されておらず、コレクターの間でも人気のアイテムだとか。

  写真はお借りしたものです


Growin Hair、髪が伸びる。
頭のてっぺんから生えているポニーテール部分を引っ張ると、長くなるという仕組みになっていました。
頭の穴から、そのポニーテールが出ていたのでしょう。
それが取れてしまったので、ぽっかり穴だけが残ってしまったのですね。
幸いヘアスタイルがストレートではなくウェーブがあるので、穴は、髪の毛に隠れて見えない状態です。
だから、そうっとしておけば大丈夫。
 
というわけで、昨日はバービーリサーチにだいぶ時間を費やしてしまいました。
さて、これからどうしよう?
ボディを探す長い旅に出ることになるのでしょうか。

ちなみにこちらは、Twist n Turnバービーのテレビコマーシャルです。
おもちゃ屋さんにそれまでの古いバービーを持っていくと、$1.50で買えたらしいですよ。


 

PR
先週見つけた、古き良きもの。

PA176729.jpg
Holt Howard Cozy Kittens Caddy 1958
 
Holt Howardというメーカーの、ねこ型の置物です。
でも、ただの置物ではありませんよ。
背中のばねには手紙やメモなどをはさんでおけるし、頭にはペンなどをさしておけるんです。
(ちょっとかわいそうだけど)
1958年に製造された、北米ではとても人気があるビンテージ品です。

日本では殆ど知られていない、Holt Howard。
戦後、海外から発注された陶器が日本でたくさん製造され、海を渡ってここ北米にも輸出されました。
Holt Howardもそんな陶器のメーカーで、カップ&ソーサーやソルト&ペッパーシェイカーを始め、バターケース、灰皿、置物などなど、多くの陶製品を日本から輸入していました。
そう、このねこさん、日本製なんです。

 
PA176728.jpg
見つけた時に、このタグがまだ付いたままでした
 
1950年代から60年代に製造されたHolt Howardの陶製品は、ベビーブームに乗り、若い夫婦がこぞって新築の家を買い、核家族化されてきた時代に愛されていました。
新居に飾る為、人を呼んでパーティーをする為・・・とユニークな品を求める人たちにぴったりのアイテムだったのでしょう。

50年以上経った今でも、当時からのコレクターや新しいファンによって、愛され続けています。
中には、800ドルもの値がついて取引されているスナックプレートもあり、コレクター本も発行されているなど、その人気は衰えを知りません。

けれども、十分に親しまれてきた陶製品ですので、良いコンディションで見つかることは少なくなってきました。
お店で見かけても、チップやクラックがあるものが多いのでとても残念です。

Napcoやオキュパイドなどに興味がある方、どうぞHolt Howardもよろしくお願いします♪

 
HOME |
calender
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Shop Info

Collection Connection
カナダのオンタリオ州ハミルトンより、Fire-KingやPyrex、Susie Cooperなどのビンテージ食器、雑貨を日本にお届けしています。
船便送料無料!
ぜひご利用ください。
Follow YoshieC on Twitter
Twitter
Facebook
Counter
カウンター by  ペットカウンター - 動物画像の無料カウンター
管理用
| Admin | Write | Res |

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]